研課題
J-GLOBAL ID:202104006212093621  研究課題コード:16823685

活力ある高齢社会の実現に向けた「国際連携型リビング・ラボ」の創設

実施期間:2016 - 2018
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 高齢社会総合研究機構 )
研究概要:
本研究は、活力ある高齢社会の実現に向けて、国際連携型リビング・ラボを自立的かつ実効的に創造、展開していくことを目的とする。 具体的には、日本側は鎌倉リビング・ラボ、スウェーデン側はスモーランドリビング・ラボが中心となり、高齢社会のためのイノベーション活動(共創活動)を行う。フェーズIでは双方の活動およびノウハウの統合化をはかり、国際連携型リビング・ラボの具体的な仕組みや環境(ICTプラットフォームなど)を双方で検証する。フェーズIIでは、国際連携型リビング・ラボを本格的に展開し、国際的に対応できるリビング・ラボを構築する。 本共同研究を通じ、活力ある高齢社会の実現に向けた国際連携型リビング・ラボを構築し、日本とスウェーデンがアジアとヨーロッパの窓口となって高齢者市場を世界的に活性化することが期待される。
研究制度:
上位研究課題: 高齢者のための地域共同体の設計やサービスに関する革新的な対応策
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る