研課題
J-GLOBAL ID:202104006348204338  研究課題コード:11103815

分泌型高性能発光レポーターを用いる化学物質評価系の構築

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学部, 教授 )
研究概要:
本研究は、分泌型ルシフェラーゼと哺乳類培養細胞を用いて有害物質の量を発光量として見積る評価系を作製することを目標にした。最初に、化学物質応答配列(金属応答配列MRE、生体異物応答配列XREあるいは抗酸化物応答配列ARE)を連結した発光レポーター発現系を構築した。これらについて一過性発現の評価を行なったところ、非分泌型ルシフェラーゼのレポーター系と同程度の発光強度・検出感度を見い出せた。さらなる物質検出の感度向上の目的で、MRE認識転写因子MTF-1、XRE認識転写因子AhR・Arnt、ARE認識転写因子Nrf2・Mafの発現系を構築した。これらの付加的な発現は発光強度・検出感度に殆ど影響しなかった。今後、この評価系の改善には化学物質応答配列の個数の増加が最も重要となろう。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る