研課題
J-GLOBAL ID:202104006520981074  研究課題コード:11101324

寿命延伸化合物ラパマイシンを分子擬態するペプチド断片の大規模探索

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 食品栄養科学部 )
研究概要:
寿命延伸因子として知られるラパマイシンを分子擬態(機能代替)し、FKBP12-TOR1間相互作用を惹起するオリゴペプチドを定量的酵母2ハイブリッドスクリーニング系により大規模スクリーニングした。最適ペプチド配列への到達を効率化(偽陽性配列の排除)する目的で、スクリーニング系を改善し、新たな3ハイブリッド系を構築した。2種の変異体提示法と2種類の配列ライブラリーを組合せてスクリーニング系を試み、いずれの場合もラパマイシンを擬態するクローン群を得た。しかしながら、これらの力価は弱く、更なる配列最適化が今後の課題となった。これと並行して、ペプチド発現生産系の構築を検討し、難生産性分泌蛋白質を高効率(数千倍)に生産しうる酵母発現系を確立できた。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る