研課題
J-GLOBAL ID:202104006533807502  研究課題コード:08003910

マラリア感染成立の分子基盤の解明と新たな感染阻止法の創出

体系的課題番号:JPMJCR0254
実施期間:2002 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR0254
研究概要:
マラリアは年間約四億人の感染者と約200万人の死者を出す、世界で最も重要な感染症の一つです。薬剤耐性原虫の出現などにより、その対策は困難を極めており、効果的なマラリア防御法の開発が求められています。マラリア原虫スポロゾイトは感染蚊の吸血を介し て人の皮膚に注入されます。体内に入った原虫は、血流で運ばれて肝臓に感染し、そこで‘マラリア’と呼ばれる病態をもたらす赤血球感染型原虫になります。 本研究は、スポロゾイトの肝臓への感染に着目し、マラリア感染成立の分子基盤を逆遺伝子学的手法により明らかにします。さらに、ここで得られた知見を基に、スポロゾイトの肝臓感染過程を標的とした感染阻止法の創出を目指します。この阻止法はマラリア根絶技術に発展することが期待されます。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 免疫難病・感染症等の先進医療技術-遺伝子レベルでの発症機構の解明を通じた免疫難病・感染症の新たな治療技術の創製を目指して-
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る