研課題
J-GLOBAL ID:202104006629205783  研究課題コード:10102188

再処理施設汚染モニタ用新薄膜シンチレータの開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 多元物質科学研究所, その他 )
研究概要:
当該研究開発の目標は、BGO比二倍以上の発光量を持つ薄膜シンチレータの開発およびα線リアルタイムモニタとしての実証である。様々な添加剤を微量添加した結果、二価もしくは一価陽イオンを添加した ZnO において、BGO 比二倍以上の発光量を達成した。ガンマ線ノイズとの切り分けを調査した結果、最適な膜厚は 20-30 ミクロンであった。さらに既存の核医学用撮像検出器を改良して、241Am密封α線源を用いて実証試験を行ったところ、サブミリ程度の解像度を持ったα線リアルタイムモニタリングを行えることを実験的に確認した。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る