研課題
J-GLOBAL ID:202104006797225145  研究課題コード:12102776

エコ・ユーザーフレンドリーな酸触媒アルキル化剤の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 医薬保健研究域薬学系, 助教 )
研究概要:
申請者らが開発した酸触媒ベンジル化剤・トリスベンジルオキシトリアジン(TriBOT)は、従来法に比べ、安定性やコストなどの点を大幅に改善している。本反応剤の産業化にむけて、反応条件の改良と、他のアルキル化剤への適用拡大を目指した。結果、TriBOTに関しては、産業化に適した反応条件が見つかり、論文一報と市販へとこぎつけた。他のアルキル化剤への適用拡大に関しては、パラメトキシベンジル化剤(TriBOT-PM)を開発し、TriBOTに比べて、より温和な条件で反応が進行し、反応条件(酸・溶媒・温度など)の様々な組み合わせが可能であることを示した。本研究を基に論文一報を出し、市販することができた。今後は合成上有用な他のアルキル化剤を開発し、ラインナップを充実させる。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る