研課題
J-GLOBAL ID:202104006834453480  研究課題コード:08068649

安全な抗菌性物質としての機能性プロシアニジンの開発に関する研究

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 機能生物化学講座 感染生物学分野, 教授 )
研究概要:
植物由来のフラボノイドは抗酸化作用や抗変異原性など有用な生理活性があることが知られている。その中でも、カテキンの重合体であるプロシアニジンは、重合度が高まるほど単量体であるカテキンにはない有用生理活性を発揮する。本研究は、フラボノイドを多く含むブドウ果皮からアルコール抽出操作によって得られるプロシアニジンを、安全でヒトに優しい抗菌性物質としての開発・応用を目的として行うものである。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る