研課題
J-GLOBAL ID:202104006889080666  研究課題コード:12101441

C-CRLH伝送線路を用いた小型薄膜コモンモードフィルタの低周波化・広帯域化

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 電子制御工学科, 講師 )
研究概要:
本研究の技術移転を目的とし、携帯電話使用周波数帯域0.8~2.0GHzに適用可能なコモンモードフィルタの開発を行った。C-CRLH型の採用により、従来研究に比べて動作周波数を1/2以下に低周波化でき、広帯域特性に対応できることを明らかにした。今回は0.7~1.0GHz帯および1.8~2.0GHz帯に絞り、試作デバイスを設計・開発した。 目標ユニットセルサイズ(1.5×0.8×0.02mm3)に対して試作デバイスは、0.7~1.0GHz帯が1.9×1.0×0.011mm3、1.8~2.0GHz帯が1.23×0.99×0.011mm3とほぼ目標を達成し、これを3セル連結してコモンモードフィルタ特性を実証できた。 研究計画は概ね100%実施できたが、差動信号減衰が大きく、配線抵抗を減少させる必要があることが分かった。一方で、更なる小型化に適した新型モデルを提案できた。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る