研課題
J-GLOBAL ID:202104007107609678  研究課題コード:08000581

マトリックス無しのタンパク質質量測定可能なTOF-MS用導電性基板の開発

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院環境科学研究科, 助手 )
研究概要:
タンパク質はイオン化により熱分解を起こすため、親イオンの質量が測定できない。熱的に安定なイオン化しやすいマトリックス分子を仲立ちして電荷を目的のタンパク質に移動させて親イオンを測定するが、それぞれのタンパク質に合わせたマトリックスが必要になる。本試験では、平面配向した多層カーボンナノチューブの固化体基板を使用し、マトリックス無しでタンパク質質量を測定できる飛行時間型質量分析用導電性基板を開発する。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る