研課題
J-GLOBAL ID:202104007120389512  研究課題コード:11104137

昆虫細胞における血液凝固、抗凝固因子の大量合成法の開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 医学部 薬理学講座 )
研究概要:
血液凝固、抗凝固因子の中にはビタミンK依存性γカルボヒシグルタミナーゼの触媒作用で初めて活性のあるタンパク質になるものが存在する。従来、これらの組み換えタンパク質産生においてヒト胎児腎臓細胞由来のHEK293が使用される。組み換えタンパク質を開発することは血液由来の生成法よりもはるかに安全であるが、HEK293細胞を使用するためコスト的に問題である。これに比して、ショウジョウバエ由来のS2細胞は室温培養が可能で培養機器も必要がない。本研究ではビタミンK依存タンパク質受容性S2細胞を用いてヒトの凝固因子および抗凝固因子の発現細胞を分離し各組み換えタンパク質の生成およびその生成効率を検討することを目的とする。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る