研課題
J-GLOBAL ID:202104007198307490  研究課題コード:7700000628

雌雄両配偶子形成の共通原理の解明

体系的課題番号:JPMJPR02R9
実施期間:2002 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 農学部, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR02R9
研究概要:
配偶子形成は、生命の連続性を保つために必須な過程ですが、その制御機構には未だ多くの不明な点が多々あります。提案者は、黄体ホルモンが雌雄共通の減数分裂開始の引き金を引くホルモンである可能性を指摘しました。本研究は、ユニークな生殖様式を持つ数種の魚類を実験モデルとして、雌雄両配偶子形成に共通する制御機構を明らかにし、新しい生物生産技術の確立へと展開させます。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: タイムシグナルと制御
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る