研課題
J-GLOBAL ID:202104007212480915  研究課題コード:08069624

実用可能なTi-Ni-Zr-Nb高温形状記憶合金の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院数理物質科学研究科, 教授 )
研究概要:
高温変態を示す形状記憶合金は、Ti-NiにPd, Pt, Auなどの貴金属やZr, Hfなどの元素の添加で可能であるが、これらはいずれも加工が困難で圧延加工や線引加工ができないため実用化に成功していない。本研究では、80°C以上で200°Cまでの温度範囲で使用できる加工可能な実用高温形状記憶合金の開発を行うことを目的とし、Ti-Ni-Zrに第四元素としてNbを添加した合金系を調べる。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る