研課題
J-GLOBAL ID:202104007236315311  研究課題コード:11104483

ナノ構造制御による高性能・高耐久性化を目指した固体高分子形燃料電池の開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 水素エネルギー国際研究センター, 准教授 )
研究概要:
本研究課題では、ナノ空間効果により半電池評価では燃料電池電極材料として従来触媒以上の活性を示す、8nm程度のナノチャンネル構造を有するカーボンのナノ空間にPtを導入した電極触媒材料の実用化に向けて、燃料電池セル(フル電池)の開発を目的とした。ナノ空間にイオノマーを導入する最適な方法を検討した上でナノ空間効果をフル電池にも活かし、従来燃料電池性能を超える電池セルの作製、更に低コスト化と高耐久性化を目標とした。その結果、従来燃料電池セル(ボタンセル)よりも高性能な燃料電池セルを作製することが出来た。しかしながら、耐久性の向上を考慮した作製条件の最適化までには至らず、今後カーボン材料の構造最適化も含め検討し、高耐久性且つ低コストの燃料電池セルの開発に繋げる。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る