研課題
J-GLOBAL ID:202104007313547999  研究課題コード:08069361

有害化学物質の高効率分解法に関する実用化研究

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学研究科, 助教 )
研究概要:
サステイナブルな環境社会の実現を目指し、高次酸化プロセスを利用した有害化学物質の高効率分解法の確立を目指し、超音波処理と光フェントン反応の組み合わせで、迅速かつ安価なフロー系の実用化技術確立に向けた基礎的検討を行う。すなわち、本課題では、有害化学物質の初期分解のみならず完全な無機化を目指しており、有害化学物質の中間体の同定を通して本システムにおける分解反応経路を解明するとともに、実用化を視野に入れたスケールアップした処理システムへの適応性検討を試みるものである。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る