研課題
J-GLOBAL ID:202104007338652118  研究課題コード:11101898

発光材料としての液晶性金錯体の開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 生命科学部 )
研究概要:
本研究では、液晶性を示す金錯体の開発を行い、発光挙動と凝集構造の関係について検討した。いろいろな構造の金錯体を合成し分子構造と液晶性の相関を調べ、低温で液晶性を発現させるための分子設計指針を得た。また、液晶性金錯体の発光挙動を観察した結果、室温・大気中でも強いリン光発光を凝集相で示すことが明らかになり、発光デバイス用材料としては極めて魅力的であることを見いだした。本研究では、当初の目標である室温での液晶相発現は達成できなかったが、低温液晶を得るための分子設計指針を明らかにしたので、今後は室温液晶性金錯体を開発して発光材料としての技術移転を目指した展開を行う。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る