研課題
J-GLOBAL ID:202104007414447227  研究課題コード:12102672

親水ゲルを用いた簡便な還元操作による六価クロム特有の毒性除去

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 材料技術部 )
研究概要:
本研究の目的は、我々が見出したポリエチレングリコール鎖を有する親水ゲルが(i)水溶液中で自発的に六価クロム種を選択的に吸着し、(ii)三価クロムに還元し、(iii)再び系中に放出するプロセスについて、ゲルの分子構造や共重合組成を最適化することにより、1)水溶液中に残留するTOCを抑制しプロセス終了後で5 ppm以下にする、2)pH1でCr(VI)消失までの所要時間を短縮し24時間以内にすることであった。 親水ゲルの分子構造を制御することにより、TOCは抑制され、pH1でのCr(VI)消失までの時間も短縮されたが、いずれも目標値には至らなかった。 今後は他の有機添加剤が用いられているためにTOCに寛容なクロメート浴など用途を限定して実用可能性を模索していく。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る