研課題
J-GLOBAL ID:202104007425778020  研究課題コード:11101312

エネルギー調整器作成装置の重粒子線治療臨床実用化

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 重粒子線医学研究センター, 助教 )
研究概要:
昨年度導入されたエネルギー調整器作成装置を重粒子線治療へ臨床実用化するために、作製される積層型補償フィルタの検証、装置の改良・最適化を行う。第一に、補償フィルタ材料および積層型補償フィルタの幾何学的精度の検証を行う。第二に、フィルタ作製時の誤差が重粒子線治療に与える影響を調べるため、様々な条件で作製されたフィルタに対して重粒子線照射実験を行い、線量分布に与える影響を調べ、実用に要求される仕様を明らかにし、装置改良を行う。第三に、積層型補償フィルタの治療受け入れ検査を通常業務に取り込むため、既存の3次元検査装置を改修し、発注から検査までのシステムを構築する。以上より臨床実用を目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る