研課題
J-GLOBAL ID:202104007440014029  研究課題コード:20347171

きのこ廃菌床を利用した新規土壌消毒法の開発

体系的課題番号:JPMJTM20FT
実施期間:2020 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 農学部, 講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20FT
研究概要:
きのこ菌床栽培により排出される廃菌床は、植物の病害抵抗性誘導効果や植物病原菌に対する抗菌活性を示す。加えて土壌還元消毒の有機資材としても利用できることが見出された。本課題では、これらの成果を基に広範な病害に効果を示す廃菌床を使用した土壌還元消毒法を開発する。具体的には消毒効果により土壌病原菌密度を5割抑制し、抵抗性誘導効果により作物の抵抗性を2倍に向上させる技術開発を目標とする。本技術は、安全かつ低コストであるとともに様々な病害への防除効果が期待でき、優位性は大きい。また、廃菌床に新たな価値を付加するアップサイクルであり、地域のきのこ産業における静脈産業の創出が見込まれ、地域創生に繋がる。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る