研課題
J-GLOBAL ID:202104007547797298  研究課題コード:7700000476

動的らせん分子の創製と応用

体系的課題番号:JPMJPR982K
実施期間:1998 - 2001
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR982K
研究概要:
本研究では、高分子の高次構造の最も基本的ならせん構造に着目し、その形の制御とはたらきの発現を有機化学的手法にのっとり行うことを目的としています。目指すらせんは動的ならせんで、しかも外部の刺激、特にキラルな刺激に対して応答し、らせん構造を形成する分子の創製です。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 形とはたらき
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る