研課題
J-GLOBAL ID:202104007641594643  研究課題コード:10102566

低電力・長期データ保持:書換性能を有する「新規Ge1Cu2Te3相変化メモリ」の開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学研究科 )
研究概要:
本研究では、新規Ge1Cu2Te3(GCT)化合物を用いた相変化メモリの開発を行った。GCT薄膜は、約500°C程度の融点を持つ一方、そのアモルファス相は、250°C程度の高い結晶化温度を有する。GCT薄膜を用いた単純なメモリデバイスを作製し、その電気特性を評価した結果、相変化メモリに典型的なスイッチング挙動を示し、また、高抵抗アモルファス状態(リセット)←→低抵抗結晶状態(セット)の可逆的な相変化が得られる事が分かった。更に、GCTは、既存Ge2Sb2Te5に比し、リセット化に必要な消費電力を低減できる事が分かった。GCTアモルファス膜は、高い結晶化温度および低い融点を併せ持つため新規相変化メモリへの適用が大いに期待される。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る