研課題
J-GLOBAL ID:202104007683089507  研究課題コード:12101223

脂質過酸化アルデヒドをマーカーとする多重罹患の迅速診断法の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻, 准教授 )
研究概要:
本研究では、脂質過酸化アルデヒドのHPLC 定量法を開発し、疾患患者及び健常者の血清に応用することで、疾患に伴って発生するアルデヒドを解析した。最初に、代表的な脂質過酸化アルデヒドであるアクロレインを対象として、蛍光誘導体化試薬 DDB を用いる定量法を開発し、ヒト血清へと応用した。また、α-ジケトンの一種である 2,2’-フリルがアルデヒドに対する蛍光分析試薬として有用であることを見出し、これを利用する中鎖脂肪族アルデヒドの定量法を開発した。さらに、低分子アルデヒドの高感度 HPLC 化学発光定量法を開発し、糖尿病患者と慢性関節リウマチ患者では増加するアルデヒドの種類に違いがあることを明らかにした。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る