研課題
J-GLOBAL ID:202104007842408724  研究課題コード:11101675

希少糖D-Alloseの破骨細胞分化抑制と骨粗鬆症治療への応用

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 医学部 細胞情報生理学, 准教授 )
研究概要:
本研究では、卵巣摘出による骨粗鬆症モデルを用いて、希少糖の一つであるD-Alloseが破骨細胞分化抑制によって骨粗鬆症の予防効果をもつかどうかを検討した。D-Allose投与群と非投与群では体重増加等に違いは認められなかった。卵巣摘出群のマウスでは、皮質骨塩量・骨密度が正常群に比べ著明に減少し、卵巣摘出+D-Allose投与群ではそれらの改善がみられたが、逆に海綿骨部位では減少した。まげ・ねじり強度については卵巣摘出群と同等または、減弱が認められた。骨髄細胞を用いたリアルタイムPCRでは、D-AlloseによりTXNIP発現増強が認められた。また骨切片のTRAP染色ではD-Allose投与により破骨細胞の分化抑制が認められた。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る