研課題
J-GLOBAL ID:202104007909175541  研究課題コード:12101633

相対論的電子論が拓く革新的機能材料設計

体系的課題番号:JPMJCR1272
実施期間:2012 - 2017
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 理工学術院先進理工学部 )
研究概要:
希少元素や規制元素の多くは重元素であり、相対論的効果が無視できません。そこで本研究では、理論的基盤として相対論的量子化学理論の確立を目指します。そして、触媒活性・電磁気特性・電子機能材料・生体光機能・機能性高分子に対して、理論的手法を用いて元素の特性を理解し、革新的な機能を持つ物質・材料を設計することを目的とします。特に、異種元素間の化学結合、種々のスピン状態が関与するスピンクロスオーバー現象、同一組成であっても機能に大きな違いをもたらすナノサイズ効果に着目し、研究を推進します。
研究制度:
上位研究課題: 元素戦略を基軸とする物質・材料の革新的機能の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る