研課題
J-GLOBAL ID:202104008129797334  研究課題コード:08069114

プロセス化学を指向する革新的C-アシル化反応の開発と医農薬合成への応用

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 理工学部, 教授 )
研究概要:
医農薬・生理活性物質・天然物の合成で最も汎用されるアシル化反応に関し、研究代表者は、新薬等の開発に寄与すべく、革新的アシル化反応を開発し社会へコミットしてきた。ここで、 total cost-effective な「速かろう・安かろう・良かろう」を基本的なコンセプトとするアシル化、特に炭素のアシル化のさらなる充実を図るプロセス化学を目指す。そのため、 ? カルボン酸・エステル・酸クロリド間における選択的・高速・経済的C-アシル化の開発、?不斉C-アシル化反応の開発と最短段階・最高通算収率の全合成への応用、? React-IR 装置を駆使する反応機構の解明を行う。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る