研課題
J-GLOBAL ID:202104008201253930  研究課題コード:08069848

熱伝導率の小さい極低温信号伝達用ケーブルの開発と評価

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 一般理数科 )
研究概要:
医療、材料分析、自然科学等の幅広い分野で、超伝導センサに代表される極低温検出器を用いた計測が行われようとしている。その実用化には多数の検出器を並べて計数効率を高める必要がある。ただし配線増による極低温への熱流入が新たに大きな問題となってくる。本提案では、極低温からの信号伝達用ケーブルの熱伝導率をより小さくする製造法を検討し、実際に製造したケーブルの熱的特性の測定を通じ、その実用化の見通しを得る。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る