研課題
J-GLOBAL ID:202104008232570410  研究課題コード:7700007413

腹腔内手術のための小型全方位硬性鏡の試作

実施期間:2005 - 2005
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院基礎工学研究 )
研究概要:
現在,硬性鏡(内視鏡)は主に胆のう手術,大腸癌手術、早期胃癌手術に用いられており,特に大腸手術に関しては,全体のおよそ1/3で硬性鏡が用いられている.硬性鏡を用いた手術法は開腹術と比べて患者の負担が軽く,術後の予後が良いため,今後もより利用が増えていくものと考えられる.しかしながら,従来の硬性鏡は,視野角が30~50度と狭いため,手術の効率や安全性に問題があった.提案の全方位硬性鏡では,およそ180×360度の半球状の非常に大きな視野を提供できるため,安全で効率のよい腹腔内手術が期待できる.本研究では,我々が新たに考案した二枚反射光学系(特許取得済み)を用いることで,小型化と高画質化を両立し,全方位カメラの硬性鏡への応用を実現する.
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る