研課題
J-GLOBAL ID:202104008274443125  研究課題コード:11101700

セルソーターに装着可能なオンチップ細胞内液抽出技術の開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 立命館グローバル・イノベーション研究機構, ポストドクトラルフェロー )
研究概要:
光触媒機能を有する酸化チタンを用いた細胞膜穿孔技術を細胞吸引固定用マイクロデバイスに応用することで、タンパク質などの生体分子を含む細胞内容物を1細胞レベルを目標に抽出できる技術の開発を目指した。研究期間内において、光触媒作用に優れたアナターゼ型酸化チタン薄膜を実現するためにスパッタ成膜条件を比較し、その光触媒活性を湿式分解性能試験により評価した。また、酸化チタン薄膜上で培養した多数の神経系株化細胞(PC12)に対して紫外光照射による細胞膜穿孔を実施し、細胞由来のタンパク質が抽出されている可能性を電気泳動(SDS-PAGE)法により見出した。今後は、超極微量の液量を操作できる機能をマイクロデバイスに付加することで、1細胞レベルでの内容物回収・定量評価を実施する予定である。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る