研課題
J-GLOBAL ID:202104008286826267  研究課題コード:08000882

フィルタードアークプラズマビームによる細管内壁へのスーパーDLCコーティング

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部電気・電子工学系, 教授 )
研究概要:
燃料インジェクションノズル,樹脂成形ノズル,あるいは造糸ノズルなどでは,細管内に摺動性耐磨耗コーティングを施すことが望まれている。摺動性耐磨耗コーティングとしては,無潤滑で摩擦抵抗が極めて低く,高硬度で,かつ,相手攻撃性が低いダイヤモンドライクカーボン(DLC; Diamond-LikeCarbon)膜が望まれている。本研究では,磁界によって制御したビーム性高純度カーボンプラズマを用いて,細管内にDLC 薄膜を形成する技術を確立する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る