研課題
J-GLOBAL ID:202104008322227120  研究課題コード:11102564

X染色体再活性化ライブイメージング技術を用いた幹細胞研究

体系的課題番号:JPMJPR11S5
実施期間:2011 - 2014
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 難治疾患研究所 )
研究概要:
X染色体再活性化は、幹細胞の多能性を評価できる指標として注目を浴びるようになりましたが、これまでのところ簡便なモニター法は報告されていません。 本研究ではX 染色体の再活性化をライブイメージングとして検出する方法を確立し、それを利用し「リプログラミング」の実体の理解を目指します。研究の成果はヒトES 細胞の効率的な作製に寄与すると期待でき、再生医療の発展に大きな影響を与える可能性があります。
研究制度:
上位研究課題: エピジェネティクスの制御と生命機能
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る