研課題
J-GLOBAL ID:202104008346187323  研究課題コード:20345441

確率過程の縮約理論を用いた社会シミュレータの高速化

体系的課題番号:JPMJPR20M2
実施期間:2020 - 2023
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , システム情報系 )
研究概要:
社会現象を計算機上で理解する方法の1つがエージェントベースモデル(ABM)のシミュレーションである。ABMは多数の個々人が意思決定を行う確率過程として記述される。本研究ではこの大規模ABMシミュレーションの計算コストを削減するために、確率過程の縮約理論を用いる。縮約理論は統計物理学で発達した次元削減方法であり、本手法を応用することで一般的な社会シミュレーションの計算コストの削減に応用する。
研究制度:
上位研究課題: 革新的コンピューティング技術の開拓
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る