研課題
J-GLOBAL ID:202104008494118071  研究課題コード:13416254

太陽光の化学エネルギーへの変換を可能にする分子技術の確立

体系的課題番号:JPMJCR13L1
実施期間:2013 - 2019
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR13L1
研究概要:
人類は、エネルギーや炭素資源の不足と地球温暖化という従来の技術では解決が難しい3つの難問に直面しつつあります。もし植物の光合成のように、太陽光と水、そして二酸化炭素から高エネルギー物質を作ることができれば、これらの深刻な問題を一度に解決できる可能性があります。本研究では、二酸化炭素を還元固定化するために必要な、金属錯体光触媒開発の分子技術を極め、さらには半導体光触媒との複合化等により、二酸化炭素の資源化を可能にする新たなサイエンスを構築します。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 新機能創出を目指した分子技術の構築
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る