研課題
J-GLOBAL ID:202104008557133637  研究課題コード:11102205

セルロースからの磁性メソポーラス炭素および酸触媒合成プロセスの開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , その他部局等 )
研究概要:
バイオマスセルロースを原料として、1バッチあたり約115 g(目標の200%以上)の磁性炭素および約54 gの酸触媒(目標値)の大量合成プロセスを構築することに成功した。これらの物質についての様々なキャラクタリゼーション結果より、ラボスケール合成物質と同様の性能を有することを確認した。また、触媒化物について、セルロースの加水分解反応により酸触媒の活性評価を行った結果、既存の固体酸触媒と同等の性能を有することも確認した。すでに企業との共同研究を進めており、5年以内の商品化を目標に引き続き研究開発を進めている。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る