研課題
J-GLOBAL ID:202104008586146225  研究課題コード:7700005682

糖鎖ミミックペプチドを用いた病原体特異的な薬剤の創製

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , マテリアルサイエンス研究科, 助教授 )
研究概要:
本研究では、ベロ毒素(大腸菌O157産生毒素)結合性の糖鎖ミミックペプチドを利用することで、病原体に特異的に作用する薬剤の創製を行う。病原性大腸菌O157による食中毒は毎年多数発生しており、死者数も多い重篤な感染症である。大腸菌O157に対する治療法や薬剤は未だ開発されておらず、対策が迫られている。一方で、大腸菌O157とその毒素はグロボ系糖鎖(Gb3)に結合することが知られている。入手や修飾の難しさから、糖鎖を利用する試みは殆ど実用レベルでは行われていない。申請者はこれまでに、Gb3 糖鎖と同じ機能を有し、合成が容易で修飾が可能なペプチドを開発しており、これを薬剤と融合することで、新規薬剤の開発を行う。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る