研課題
J-GLOBAL ID:202104008859431033  研究課題コード:20349143

神経活動のビックデータ解析法を用いた化合物が引き起こす痛みおよび依存症評価法の開発

体系的課題番号:JPMJTR20UP
実施期間:2020 - 2022
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院工学研究科 電子工学専攻, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTR20UP
研究概要:
神経活動のビックデータ解析法を用いて、化合物が引き起こす痛みおよび依存症のin virto評価法を開発する。具体的には、神経細胞の電気活動を超高時空間分解能で計測できる23万電極のCMOS多電極アレイを用いて、単一感覚ニューロンにおける軸索伝導速度や脳スライスにおける詳細な脳回路活動パターンを検出し、痛みおよび依存性化合物に対する応答を取得する。シーズ技術であるAI解析法および主成分解析法を基盤として、取得した膨大な神経活動の時系列データから、化合物が引き起こす痛みの程度、依存性の有無、および化合物の作用機序を予測する新規解析法を開発する。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る