研課題
J-GLOBAL ID:202104008864463423  研究課題コード:11103877

新規物性を持つ米デンプンの利用に向けた特性解析

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 自然科学系 )
研究概要:
ラピッドビスコアナライザーによる解析から低粘度・低老化性などのユニークな物性が予測されるコメデンプン、Wxaおよびae/Wxaの構造と物性を詳細に解析し、工業原料・食品素材としての利用適性を探索した。 ae/WxaはWxaに対し、真のアミロース含量が高く、短鎖画分の減少・長鎖画分の増大が観察された他、A型結晶構造の消失、糊化温度の上昇が観察された。またae/WxaおよびWxaどちらのデンプン湖液においても弾性は著しく低かった。この他、ゲル透光度、強度の測定条件の検討、測定を行った。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る