研課題
J-GLOBAL ID:202104009041126398  研究課題コード:17939989

細胞内二次メッセンジャーの光操作開発と応用

体系的課題番号:JPMJCR1753
実施期間:2017 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1753
研究概要:
本研究では、Ca2+や環状ヌクレオチドといった二次メッセンジャーの濃度を光で自在に制御するツールを開発します。微生物ロドプシンを用いたCa2+チャネルやポンプ、環状ヌクレオチドを増減させる光活性化酵素、GPCRである動物ロドプシンやこれらの変異体が実際に開発するツールであり、これらを用いてゼブラフィッシュ小脳神経回路を光操作することにより、運動学習および恐怖応答学習における新たな知見を得ます。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 光の特性を活用した生命機能の時空間制御技術の開発と応用
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る