研課題
J-GLOBAL ID:202104009133128052  研究課題コード:08068587

安価で省力的な軟弱野菜周年栽培システムの開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( )
研究概要:
‘エブ・アンド・フロー方式’は、給排水の精度が高く、病害の発生も抑制できるが、設備費等初期投資が高額で、小規模な生産者は導入が容易でない。そのため、葉菜類の生産事例はほとんどなく、試験研究事例も苗生産に留まる。そこで、当該方式と同等の性能があり、しかも自力施工が可能で安価である新規開発の簡易給排水システムを用いて、夏期や厳寒期に栽培が困難な数種の軟弱野菜について栽培技術を確立する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る