研課題
J-GLOBAL ID:202104009137391270  研究課題コード:7700010333

固体高分子型燃料電池の触媒使用量大幅低減に関する研究

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部電気電子情報工学科, 教授 )
研究概要:
地球環境の問題などにより、化石燃料を使わない固体高分子型燃料電池(PEFC)の実用化が急がれているが、限られた資源である「白金触媒」の使用量をいかに低減させるかということは緊急の課題である。本研究は拡散層の上に一様に触媒層を形成するのではなく、「ドット状(水玉模様)」に形成することによって触媒の使用量を大幅に低減させるにもかかわらずPEFCの電気的特性を向上させうる方法について研究するものである。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る