研課題
J-GLOBAL ID:202104009140998283  研究課題コード:12102763

水/セラミック電極の原理による有害廃棄物の溶融無害化技術の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 電子制御工学科 )
研究概要:
水/セラミック電極による放電の原理によってアスベスト等の有害廃棄物を溶融無害化する技術について、放電電極の寸法や放電条件等を変えて、最も効率よく対象物を溶融できる条件を探り、溶融性能を評価したところ、電極は小型化の観点から許容される範囲で太く、また、電極間隔が広い程溶融領域が広がるがアークが湾曲しやすいため電極間隔を周期的に増減する機構が必要であること等、実機設計上のいくつかの指針が得られた。しかしながら、溶融能力は目標として設定した値に比べて桁違いに小さく、従来技術の代替としてではなく本技術の特長を活かした実用化の途を目指すべきであることが明らかになった。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る