研課題
J-GLOBAL ID:202104009220991204  研究課題コード:12101467

三陸産イカ軟骨の前処理・分解技術によるキチン2糖・オリゴ糖の創出

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 物質化学工学科, 教授 )
研究概要:
イカ中骨(軟骨)は三陸の地域資源であるスルメイカなどから発生する水産廃棄物である。本研究は中骨の有効利用の一環として実施した。中骨の前処理と酵素反応条件等の検討により単糖の生成を抑え、キチナーゼによる酵素分解により選択的に「キチン2糖(N,N’-ジアセチルキトビオース)」を生成させた。その後はイオン交換樹脂通過と結晶化のみの簡便な工程でキチン2糖を調製した。一方、前処理した中骨は濃塩酸分解等により「キチンオリゴ糖(NA-COS)」に変換された。オリゴ糖混合物は活性炭カラムクロマトにより2糖から6糖に分離された。キチン2糖は次世代型N-アセチルグルコサミンと目され、キチン6糖は抗癌性や免疫賦活活性が注目されてきた。今後、量産化検討を行いつつ各試験を実施する予定。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る