研課題
J-GLOBAL ID:202104009257721851  研究課題コード:20347089

電気回路によるトポロジカル量子計算方法の創生

体系的課題番号:JPMJCR20T2
実施期間:2020 - 2025
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学系研究科 )
研究概要:
電気回路でトポロジカル超伝導体模型をシミュレートすることで、マヨラナ状態の検証を行います。更に、マヨラナ状態のブレイディングにより量子ゲートとして動作する事を実証し、次いで、電気回路を用いてトポロジカル量子計算が実行可能である事の基礎的実証実験を行います。また、実現に必要な可変電子素子・理想電子素子の開発を並行して行います。電気機械回路の知見を応用し、アナログ・デジタル集積回路などを用いて大規模実装への道筋をつけます。
研究制度:
上位研究課題: トポロジカル材料科学に基づく革新的機能を有する材料・デバイスの創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る