研課題
J-GLOBAL ID:202104009319262000  研究課題コード:7700001572

小胞体におけるタンパク質の品質管理機構

体系的課題番号:JPMJCR0145
実施期間:2001 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 再生医科学研究所 )
研究概要:
細胞は異常な蛋白質が生じた場合、それらを監視して再生ないしは分解処理する品質管理機構を備えています。本研究では小胞体における蛋白質の品質管理機構について、1)蛋白質の正しいフォールディングを促進する機構、2)不良蛋白質を分解する機構、および3)それら2つの機構に必要な因子をそれぞれ供給する機構の3つについて研究を進めます。本研究は、品質管理の破綻による神経変性疾患をはじめとするフォールディング異常病の病態の理解及び治療への道を開くものとなります。
研究制度:
上位研究課題: たんぱく質の構造・機能と発現メカニズム-たんぱく質の機能発現メカニズムに基づく革新的な新薬、診断技術及び物質生産技術の創製を目指して-
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る