研課題
J-GLOBAL ID:202104009373417779  研究課題コード:16815429

ハロゲン化金属ペロブスカイトを基盤としたフレキシブルフォトニクス技術の開発

体系的課題番号:JPMJCR16N3
実施期間:2016 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 化学研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR16N3
研究概要:
本研究では、高品質な溶液塗布型半導体材料であるハロゲン化金属ペロブスカイトに注目し、それらの単結晶、薄膜、ナノ粒子などの様々な形態試料を作製し、フォトニクスで重要となる基礎光物性・光機能を解明します。ハロゲン化金属ペロブスカイトの実用デバイス材料としての可能性と限界について明確な結論を導くことにより、塗布型半導体の加工性と優れた光電特性を活かした特色あるフレキシブルフォトニクス技術の開発を目指します。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 新たな光機能や光物性の発現・利活用を基軸とする次世代フォトニクスの基盤技術
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る