研課題
J-GLOBAL ID:202104009614675065  研究課題コード:15658137

医師の高度な画像診断を支援するプログラムの実装

体系的課題番号:JPMJRX15A2
実施期間:2015 - 2018
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部脳神経外科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX15A2
研究概要:
専門医が不足する日本(特に僻地や被災地)では、技術の進歩で膨大化する医用画像情報に対して、非専門医による診断や他施設への読影依頼などで対応せざるを得なくなっている。その結果、ややもすると不正確な診断や診断の長期化が発生し、患者のQOLが低下するリスクが増大している。 本実装活動では、膨大な医用画像データを三次元コンピュータグラフィックスとして可視化し、参考書などの知識情報と融合をすることで、モバイル型コンピュータで高度な医療画像診断の技能が習得できるシステムを社会実装し、医療および医療教育の質の向上を目指す。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 研究開発成果実装支援プログラム(公募型)
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る