研課題
J-GLOBAL ID:202104009671885327  研究課題コード:09159239

着床前胚およびiPS細胞誘導過程におけるポリコーム群を介した多能性獲得メカニズムの解明

実施期間:2010 - 2012
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 免疫・アレルギー科学総合研究センター, グループディレクター )
研究概要:
本研究交流は、初期胚あるいはiPS細胞が誘導される過程における多能性獲得の分子メカニズムの解明を目指す。特に、ポリコーム群と呼ばれるエピジェネティック因子の機能発現機序の解明に焦点を絞る。具体的には、日本側は主に、iPS細胞をモデルにして体細胞がリプログラムされていく過程の研究を行い、スイス側は受精前の配偶子から着床前胚にいたる過程をモデルとした研究を行い、そこで共通するメカニズムを明らかにする。2ヵ国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、細胞のリプログラミングに普遍的なメカニズムが明らかにされ、より安全な細胞治療の基盤を作製することにつながることが期待される。
研究制度:
上位研究課題: ライフサイエンス
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る