研課題
J-GLOBAL ID:202104009673364278  研究課題コード:11104382

新規近赤外吸収スクアリニウム誘導体の開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院理工学研究科, 助教 )
研究概要:
本研究では新規近赤外吸収スクアリニウム誘導体の開発を目的としている。新規近赤外吸収分子を開発し、最終的なエネルギー変換効率6%以上を目指している。本研究では、化学構造の異なる7種類のスクアリニウム誘導体の合成と特性評価を行った。その結果、脱水縮合反応は水酸基数が増えるほど容易に進行し、対応する誘導体を収率よく与えることを見出した。すなわち、四角酸との脱水縮合反応は芳香族化合物の電子供与性が高いほど反応性が高まる。得られた材料はいずれも希薄溶液中で645nm以上、固体薄膜では760nm以上に吸収を持つことが分った。有機薄膜太陽電池を作成したところ、塗布型5%、蒸着型6%の変換効率を達成した。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る