研課題
J-GLOBAL ID:202104009699489508  研究課題コード:09156967

気体流動槽内における効果的なアンモニア除去条件の解明

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 経営指導部, 主任研究員 )
研究概要:
畜産事業所から発生するアンモニアガスを、簡易で低コストに脱臭するため樹木チップに硝化・脱窒菌を植種した脱臭槽を試作し実証運転したところ、鶏ふん処理施設から発生するアンモニアをほぼ完全に除去できることが確認できた。そこで、この方法による脱臭槽の設計指標を確立するため、樹木チップ充填槽を用いてアンモニアガス連続通気における充填槽内のアンモニアの捕捉、硝化・脱窒速度を求め、アンモニア除去の最適化条件を明らかにする。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る