研課題
J-GLOBAL ID:202104009910560877  研究課題コード:08069301

間歇水冷による太陽電池の発電効率向上に関する実用化開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部 電気電子工学科 )
研究概要:
太陽電池は表面温度が1°C上昇すると発電効率が約0.5%低下する。太陽電池の表面を間歇水冷し、水の気化熱を利用して太陽電池の温度上昇を抑えると同時に、冷却に要する電力を最小限に抑える間歇水冷方式が有効であることを実験室レベルで確認した。本研究では、実用規模の太陽電池実験装置を設計・製作し、自動間歇水冷装置と組み合わせた実用化開発研究を実施する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る