研課題
J-GLOBAL ID:202104009984407523  研究課題コード:12103583

分光技術を活用した次世代型太陽電池評価装置の実用化開発

体系的課題番号:JPMJSN12C3
実施期間:2012 - 2014
実施機関 (1件):
企業責任者:
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN12C3
研究概要:
薄膜系太陽電池の特性は、分光感度が結晶シリコン太陽電池と異なる等の理由から、従来の評価法では正確に測定できませんでした。本課題では、1非線形な特性を持つ太陽電池の分光感度を正確に測定する「絶対値分光感度測定装置」の開発と、2任意の太陽電池に対して1台で測定可能な「分光型基準セル」を開発します。これらの装置により、1従来困難であった低照度での評価が可能に、2評価期間を大幅短縮、3評価費用を大幅削減することが期待されます。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る