研課題
J-GLOBAL ID:202104010178221930  研究課題コード:11104327

探知・検査用超高感度テラヘルツ波センサーの開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 遠赤外領域開発研究センター )
研究概要:
本課題の目的は電気光学(EO)サンプリング法を用いた超高感度のテラヘルツ(THz)波センサーを開発することである。THz波センサーとして、チェレンコフ型位相整合およびTHz波の金属V溝導波路中の超集束効果を利用したEOサンプリング素子を開発し、従来のEOサンプリング素子と比較して約20倍の高感度化を達成した。この成果をもとに、光源に小型の通信波長(1.55μm)帯フェムト秒レーザーを用いた可搬型のセンサーシステムの構築を目指す。本年度は素子設計および金属V溝導波路、空間結合用Siプリズムプレート、EO結晶として用いる薄膜LiNbO3(LN)結晶を製作し、EOサンプリング素子の評価を行った。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る